ヘルペスは他の性病に比べて再発性の高さや完治が困難な点がやっかいです。しかし、治療薬を服用することである程度症状を抑えることができます。

  • ホーム
  • もともと体内に居る菌が悪さをする性器カンジダ症

もともと体内に居る菌が悪さをする性器カンジダ症

性器カンジダ症は、我慢できないほど性器がかゆい・かゆみで眠れない・酒粕やカッテージチーズのような白いおりものが出る・膣がヒリヒリする・膣に熱感がある・排尿時やSEXの時に痛みを感じるなどの症状が現れる病気です。
性器ということで性病のように思われがちですが、SEXで感染する確率は10%以下と低く、9割が自己感染によって発症します。

性器カンジダ症を引き起こす原因は、カンジダ菌という真菌(カビ)です。
カンジダ菌は皮膚や粘膜に棲みついている常在菌で、体が健康な状態の時は体の奥に抑え込まれています。
ところが疲労や風邪・ストレスで免疫力が低下したり、生理前や薬などでホルモンバランスが崩れると、カンジダ菌が異常繁殖してしまいます。
その結果、性器のかゆみやいつもと違うおりものなど、様々な不快な症状が現れてしまうのです。

性器カンジダ症になってしまったら、病院に受診して適切な薬を処方してもらうことがおすすめです。
薬の使用中は、薬の効果が弱くなってしまうためビデやタンポンは使わないなどの注意が必要になります。
他の人に感染させないためにはSEXはしない・タオルを共用しないこと、症状を悪化させないためにはかゆくても性器をかかないことなども守るようにしましょう。

性器カンジダ症が厄介なのは、一度治癒しても再発しやすいということです。
最近では市販の再発治療薬も販売されていますが、発症経験のある方ならあのかゆみを二度と感じたくないという方も多いでしょう。
そのためにも、再発させないことが重要です。

性器カンジダ症を予防するには、免疫力の低下を防ぐことが大切です。
疲労やストレスを溜め込まない・風邪やインフルエンザなどの感染症が流行っている時にはマスクをするなど、自己防衛を心がけるとともに、栄養バランスの取れた食事や規則正しい生活をめざしましょう。
抗生物質は常在菌のバランスを崩してしまうため、安易に飲まないようにしましょう。

カンジダ菌は高温多湿を好むので、運動後や夏の濡れや蒸れた服や生理中のナプキンなどをこまめに換えることも予防につながります。
締め付けの強い肌着ではなく、通気性の良い肌着を選ぶこともポイントです。

有効成分はクロトリマゾールとケトコナゾール

性器カンジダ症の治療薬には、原因であるカンジダ菌を殺菌する成分が入っているものが有効です。
市販の再発治療薬にもいくつかありますが、特に効果が高いクロトリマゾールまたはケトコナゾールという成分が入っているものをおすすめします。

クロトリマゾールとケトコナゾールのどちらも、真菌を殺菌する抗真菌薬です。
効き目が高く、刺激痛などの副作用も比較的少ないため、同じ真菌(カビ)を原因とする水虫などの治療薬としても使われています。
植物性細胞膜を持っている真菌の生合成を阻害させ、真菌の発育を抑えると同時に阻止することで真菌を殺菌します。
正しく使えば、きちんと治る薬です。

クロトリマゾールは、薬名としてはエンペシドという名称で知られています。
再発治療薬として市販されているエンペシドLは、水分によって速やかに発泡しながら膣内に有効成分が届く薬です。
夏場でも溶けにくいようにできている油脂性成分不使用の錠剤で、無臭・無着色なので安心して使えます。
1日1回1錠を膣深部へ挿入します。入浴して膣を清潔にした後の就寝前がおすすめです。
これを6日間毎日続けます。

ケトコナゾールは、薬名としてはニゾラールという名称で知られています。
クリームタイプ・ローションタイプ・シャンプータイプ・錠剤タイプがありますが、カンジダ症の治療にはクリームタイプが使われることが多いようです。
使い方は1日1回、ニゾラールを適量を指に取って症状が出ている患部全体を覆うようにしっかりと塗り込みます。
体が温まって皮膚が柔らかくなる入浴後に塗ると、有効成分が浸透しやすくなるためにより高い効果が得られます。
性器カンジダ症の気になる症状が完全に消えるまで、2~3週間ほど塗り続けましょう。

関連記事