ヘルペスは他の性病に比べて再発性の高さや完治が困難な点がやっかいです。しかし、治療薬を服用することである程度症状を抑えることができます。

  • ホーム
  • バルトレックスと似た効果、ゾビラックス

バルトレックスと似た効果、ゾビラックス

頭が痛い女性

ヘルペスの治療薬として日本でもっとも多く利用されているのがバルトレックスですが、同じヘルペス治療に使われる薬としてゾビラックスがあります。
ソビラックスは古くから使われているヘルペスに対する抗ウイルス薬であり、このため値段ももっとも安い薬として知られますが、その一方でヘルペス発症時の服用回数は1日5回にもおよぶので患者への負担が大きいものです。

ゾビラックスの有効成分としてはアシクロビルが使われていますが、このアシクロビルが直接ヘルペスの原因となる単純ヘルペスウイルスの増殖を抑えます。
同じヘルペス治療薬であるバルトレックスに含まれる有効成分である塩酸バラシクロビルは肝臓で代謝されることでアシクロビルが生成されます。
そのためゾビラックスとバトルレックスの違いは直接アシクロビルを投与するか、肝臓の代謝を経て体内で生成するかの違いであるため、その効果はまったく同じです。

一方でゾビラックスは内服薬の場合には吸収効率から1日5回と多量に服用しなければなりません。
内服薬以外の軟膏や点滴薬では直接的にアシクロビルを症状が現れている場所に浸透させることができるので、外用薬や点滴としての抗ウイルス薬としては効果的に作用します。

現在ではゾビラックスは内服薬では単純疱疹や帯状疱疹の治療にのみ使われ性器ヘルペスに関しては、小児で体重40kg以上に限り投与が行われます。
これは服用回数が多いことから負担が大きいため同じ効果で服用回数の少ないバルトレックスの方が優れているためで、内服薬として性器ヘルペスには日本の病院ではあまり使われません。
また小児に投与される理由は有効成分のアシクロビルを直接与えるのでバルトレックスと異なり肝臓や腎臓への影響が少ないためです。

ゾビラックスの価格は1錠あたり220円程度ですが、ヘルペス発症後では1日5回も服用しなければなりませんから、1日あたり1100円の負担になります。
その一方でバルトレックスは1錠405円程度で、1日2回ですから1日あたり810円の負担になります。
ただしゾビラックスのジェネリックは海外では極めて安価で供給されており1錠あたり50円程度で手に入れることができるため、もっとも安くヘルペス治療が行えます。

ゾビラックスの副作用とは?

ヘルペスウイルスの増殖のメカニズムは細胞内に入り込みウイルス性チミジンキナーゼによってリン酸化し、さらに細胞性キナーゼがリン酸化されることで、アシクロビン三リン酸になるというものです。
ゾビラックスの作用は、アシクロビルを投入することで競合させ、ヘルペスの阻害ウイルスとして増殖することです。
阻害ウイルスは有効成分がウイルス内部に入り込み活性化してウイルスDNA鎖の伸長を停止させることでウイルスの複製を阻害する仕組みです。
あらゆる抗ウイルス薬に言えることですが、ウイルスの体内での量が少ないほど効果的に作用します。

ゾビラックスは核酸類似体の抗ヘルペスウイルス薬であるため、安全性が高く副作用が少ないものです。
このため副作用の少なさからあらゆるヘルペスウイルス感染症に広く使われ、子供にも使用されます。
ただ内服薬としては使用回数が多いので主にその用途は塗り薬や注射薬として使われています。

一方で副作用が少ないといってもまったくその可能性がゼロではありませんから服用するさいにはゾビラックスを服用して良いかどうか判断する必要があります。
特に腎臓の悪い人や高齢の人の場合には余った薬の成分の排出が遅れがちですから、体内の残留濃度が高まるリスクがあり、投与間隔を延長するなどの工夫が必要です。
また腎臓病や肝臓病を患っている場合にはゾビラックスに限らず薬を服用するさいには注意が必要です。
また飲み合わせとして、痛風に使われるプロベネシド(ベネシッド)、胃薬のシメチジン(タガメット)、免疫抑制薬のモフェチル(セルセプト)、喘息の薬のテオフィリン(テオドール)などは併用すると副作用が強く出る場合があります。

副作用そのものは少ないですが、下痢や吐き気などの胃腸症状、発疹などの皮膚症状、めまいや眠気、頭痛などが比較的出やすい副作用とされます。
一方で重い副作用としては以下の症状があります。

  • 急性腎不全
  • 重い精神神経症状
  • アナフィラキシー
  • 重い血液成分の異常
  • 重い皮膚や粘膜障害
  • 間質性肺炎
  • 呼吸抑制
  • 肝臓の重い症状
  • 膵炎

これらは薬を服用しはじめの頃に現れることも多く初期症状には注意が必要です。

関連記事