ヘルペスは他の性病に比べて再発性の高さや完治が困難な点がやっかいです。しかし、治療薬を服用することである程度症状を抑えることができます。

  • ホーム
  • 中高年に多い!?膣トリコモナス

中高年に多い!?膣トリコモナス

性感染症の多くは性行為を原因として感染します。
そのため、性に対する考え方が奔放になってきている若年層を中心に増加傾向にあります。
若年層の場合、結婚前に性行為は当たり前・生涯にたった一人だけというのはありえない、という状態のため、複数の相手を介する中で感染が拡大していくのです。

一方、中高年層は奔放なのは一部のみ、それにすでに一生のパートナーが決まっており、それ以上に誰かとどうにかなることは少ないでしょう。
しかしながら、中高年感染者も多く見られる病気があります。
それが膣トリコモナスです。
膣トリコモナスは膣トリコモナス原虫が性器の内部に侵入することで起こる感染症で感染者のほとんどが女性です。
性行為だけでなくトイレやお風呂に触れたことや、タオルの共有などでも感染することも多いため、老若男女を問わず幅広い年齢層に発症するのです。
女性といえば温泉好きが多いですが、免疫力が低下しているときなどは特に避けた方がよいでしょう。
膣トリコモナスは乾燥に非常に弱い反面、水中ではかなり強いため感染する危険性は高いです。

膣トリコモナス原虫を原因とするこの病気は、性器の腫れやただれ・泡状のおりもの・不正出血などの症状が見られます。
激しい症状でなくとも性器の違和感やおりものの異常に気がついたら念のため検査した方がよいでしょう。
薬物治療でトリコモナス原虫を殺菌しない限り症状が改善するどころかどんどん繁殖して、悪化していきます。

この病気を予防するためにも、避妊だけでなく性器同士が接触するのを防ぐためにもコンドームを使用することをおすすめします。
タオルを共有しない・疲れているときは共同風呂を利用しない、などの行動も予防につながります。
早期発見して適切な治療を受ければ治る病気です。
日頃からおりものの様子などを観察しておき、変化に気づけるようにしましょう。
たとえ性交の経験がなくても、中高年や幼児であっても感染する性感染症はあるのです。

フラジールが効果的!

膣トリコモナスの治療薬として、病院で一般的に処方されるのがフラジールです。
フラジールの有効成分はメトロニダゾールです。
メトロニダゾールがトリコモナス原虫の中に入り込むことでトリコモナス原虫のDNAを切断する作用を持つニトロソ化合物に変化するのです。
DNAは生物の身体を作る設計図です。
切断されることで身体の構造が不安定になり、トリコモナス原虫が死んでしまうのです。
それにより、症状が改善され治療できるという仕組みです。

フラジールは経口タイプと膣錠タイプとあります。
経口タイプの薬だと1日2錠服用することになるでしょう。
膣錠は1日1錠を膣に入れます。
女性の場合は膣錠を、男性は経口タイプを処方されるはずです。
どちらも10日間の使用で症状の改善に向かいます。
万が一、改善が見られない場合には医師に相談しましょう。
効果がある一方で、末端神経障害や中枢神経障害・無菌性髄膜炎といった重篤な副作用が見られる場合もあるため注意が必要です。

フラジールは処方薬です。
ドラッグストアや薬局には置かれておらず、病院で医師に処方してもらわなければなりません。
個人輸入で手に入れることもできますがなにかあれば自己責任です。
安全性を求めるのであれば、面倒でも病院に行きましょう。
恥ずかしいからと何も行動を起こさないのが最も危険です。
パートナーが膣トリコモナスに感染していることが分かった場合、自身も感染している可能性は高いです。
男性の場合、トリコモナスの検出は大変難しいのですが、この場合は一緒に治療を行なうことになるはずです。

もしも原虫を完全に殺菌しないままに薬の服用をやめてしまうと、残った原虫がまた繁殖して活発化し、再発してしまうこともあります。
そのため、処方された薬を用法用量を守って使用するようにしましょう。

関連記事