ヘルペスは他の性病に比べて再発性の高さや完治が困難な点がやっかいです。しかし、治療薬を服用することである程度症状を抑えることができます。

  • ホーム
  • 帯状疱疹はヘルペスと全然違う?

帯状疱疹はヘルペスと全然違う?

手にある薬

帯状疱疹とヘルペス、どちらもヘルペスウイルスが原因となるウイルス性感染症のため、水ぶくれができたり肌の表面に痛みがあったり、症状は似ているのです。
抗ウイルス薬としてバルトレックスなどが処方される点も似ているのですが、実際には違う点もたくさんあります。

同じヘルペスウイルスと言いますが、地球上に存在するヘルペスウイルスの種類は160種類と言われています。
160種類のヘルペスによる症状があるというわけではなく人間に感染するものはそのうちの8種類だけですが、ウイルスが異なる以上は違った病気なのです。

帯状疱疹は水痘・帯状疱疹ウイルスにより感染します。
水痘・帯状疱疹ウイルスでなる病気が水疱瘡であり帯状疱疹です。
これらは単体で発症することはありません。
まずは初感染時に水疱瘡を発症し、その際に体内に入ったウイルスが再発する形で帯状疱疹になるのです。
ちなみに、着物の帯のように右半身、あるいは左半身に密集した形でできる水ぶくれが「帯状」という名前の由来です。

同じく痛みや水ぶくれを伴うヘルペスですが、帯状疱疹に対して単純疱疹と呼ばれます。
単純疱疹を発症させるのは単純ヘルペスウイルスです。
そのうち上半身に感染する1型が口唇ヘルペスとなり、下半身に感染する2型が性器ヘルペスを発症させるというわけです。
こちらは、初感染時と症状の重症度は異なるものの、再発してもまったく同じ病気です。

帯状疱疹の方は一度症状が現れたあとは、再発することはなく一生に1度だけの病気です。
水疱瘡などは小さいうちに済ませておこうと、感染した人のところにわざと連れて行かれた経験もあるはずです。
症状が強い帯状疱疹の場合、身体の免疫機能も強く働くため、たとえ次に水痘・帯状疱疹ウイルスが来たとしても撃退できるだけの力がついているのです。

異なる点も多いものの、どちらも抗ウイルス薬を使ってウイルスを撃退しない限りは治りません。
そのため、早く病院に行くことが必要です。

帯状疱疹の合併症にも注意

症状の強い帯状疱疹の場合、合併症の心配もあります。
一般的に起こるのが発熱や頭痛です。
水ぶくれができているときには痛みが出ることもあります。
皮膚と神経にウイルスが増殖することで炎症が起こっているのです。

とはいえ、皮膚症状が治ると治まっていくはずです。
顔面に帯状疱疹がでた場合には角膜炎や結膜炎が起こることもあります。
稀にですが、耳鳴り・難聴・顔面神経麻痺といった症状が生じることもあります。
これらはハント症候群と呼ばれています。

いずれにしても、抗ウイルス薬を使いながらウイルスを撃退し、見た目の症状が治まっていくにつれて落ち着いていくでしょうが、後遺症が残ることもあるのです。
その場合、治まるはずの痛みがその後も持続します。
ピリピリとした痛みは急性期の炎症によって、神経に強い損傷が生じたためです。
帯状疱疹後神経痛といわれます。
神経そのものが損傷しているため、専門の治療が必要となる場合もあります。

60歳以上の高齢になって水疱瘡を発症した方、皮膚症状がかなり激しかったり、水疱瘡・帯状疱疹を発症した際に夜も眠れないほどの強い痛みを感じていたような方は帯状疱疹後神経痛が残る可能性が高いので注意が必要です。

子供の病気と思われている水疱瘡ですが、結局感染しないままに終わっていて、大人になってから感染するという方もいます。
ただ、その場合は重症化する恐れがあるのです。
症状がひどく入院しなければならない事態になったり、肺炎や脳炎・髄膜炎といった合併症になることもあります。
喫煙者の場合は水痘肺炎を合併することもありますし、妊婦さんが発症するとおなかの赤ちゃんも危険です。

子供のうちだと軽症で済むことも多いため、やはり水疱瘡患者の元に連れて行って早めに感染させておく方が賢明です。

関連記事